http://example.com/admin/
以下に管理画面をおいて、そっからなりすましログインできるようにしておいて、ユーザーの管理画面は たとえば /my/ad/{id}/update とかにして、


とかでいいんじゃないすかねえ。

model のレイヤーでリソースのアクセス権限を管理し、アクセス不能なら exception を throw するのが普通だと思うすなあ。

DCIとか面倒なだけなので、ベタに書いたらいい、と思っています。
トランザクションスクリプトをベタにかいたらいい。

かっこつける必要なんてない。ベタにかこう。

僕はウェブ開発者であり、ウェブ開発者はできるかぎり本番環境に近い環境で開発を行うことにより、(手戻り|バグ)をすくなく開発できるのだ、と信じてやみません。

そういうわけで、Mac で開発する場合でも、基本的に VM の中で仕事は行います。
boxen は Mac そのものでゴリゴリと開発する思想にみえますが、これは僕にとってはよくないことにおもえるわけです。

一方で、.dmg のアプリのダウンロードとかが面倒ってのも事実なんで「boxen おぼえるか……」「でもだるいな……」「かかる手間がペイしないよな……」などと考えていたところ hoebrew-cask の存在を知りました。

homebrew-cask は homebrew の拡張で、.dmg とかをとってきて展開してインストールするっていうスクリプトをかく環境です。かなりの量のレシピが用意されていて、ほとんどのメジャーなアプリケーションはこれでインストールできます。

ああ、これが求めていたものであると思った私は、homebrew-cask をインストールして必要なものをインストールする shell script を書き、満足したのでした。

http://whitedb.org/

shared memory に保存するオンメモリDB。
用途はすくないとおもうけど、ハマれば有用なのでしょう。すごく用途せまいとおもうけど。すごく。

しかし、こういうものを NoSQL というラベルで分類してしまうの、すごく雑。redis と whitedb ぜんぜん関係ないのに比べられたりする。どちらかというと用途的には SQLite3 の方がちかいのではないだろうか。

jQuery は Ajax だの DOM 操作だのつめこみすぎだし、なんかゴテゴテしてるし、あんま好きじゃない。
好きじゃないけど、たしかに楽なのでつかってしまう。

jQuery の大きな功績は、「あ、これなら私にもできそう」とHTML書く人におもわせたことじゃないでしょうか。実際、「javascript はよくわからないけど jQuery でちょっと動的にすることはできます」みたいな人が、結構いる。

Markdown は人気だし、自分でもよくつかっていて、現在つかうならもっともすぐれている、という気はしている。

しかし一方で、使いづらさを感じたり、将来性に疑問があったりするのも事実だ。

定義リストが書けなかったりするし、テーブルの実装もオレオレ拡張にすぎない。様々な拡張が乱立しすぎている。

_INLINE_ のようなインライン要素が邪魔くさかったりするのも難点。

そして、original author が、拡張をとりまとめたりする気がなさそうなのも、将来性に不安を感じる点だ。

今は「全部が markdown になればいいな」とおもっている人、7年ぐらい前は「全部がはてな記法になればいいな」っていってたイメージ。

って結局「2パターンのHTMLをつくる手間を節約するライフハック」以上のものではない気がしている。

PCで画面みてるときにブラウザの幅をせまくすると画面構成が急にかわるのとか、誰得だよ? と思う。

綺麗に設計されたインターフェイス、つかいづらいケースも多い。

は、プロトコルを策定するべき。

プロトコルが策定されていれば、だいぶよい。

膿のようなものがたまっている感じがする。

一方で、こまかいノウハウというか、さまざまなユースケースをカバーするためのきたないコードというものもやまづみだったりはするので、かきなおしたから綺麗になるか、というとそうでもなかったりするのが現実だ。

諸説ありますが、ユーザーがみえる範囲での Validation は JavaScript でやればよいのが現状だし、いずれにせよ Model における Validation は必要なので、Controller で Validation する必要性がかんじられない。

よって、現在では Validation は JavaScript でおこない、Model では引数を確認して問題があれば Exception を throw する、というのがただしいように思います。

わりと、元のだったら楽にかけるのに、グギギ
みたいな状況になりがち。

あと HAML にせよ Slim にせよ、未成熟というか、そういうかんじがすごいする

3年後には Slim とか誰もつかってなくて、次のライブラリに移行しているのでしょう

SSDが廉価になり、大規模ではioDriveが当たり前になりつつあり、MySQL
のALTERの性能が最適化されていっているので、相当な大規模でなければ、ALTERが遅くて辛い!みたいなのは問題にならなくなってきている、と思う

新しくでてきたものほどすぐ消える、みたいなのはよくある。

10年後も `awk { print $1 }` ができる awk は普通につかえてるとおもうが、xgawk がつかえてるかはわからない。

プレイするのは半分仕事かな、って思ってる。

仕事だから課金するのは自己投資ですよね

前は、evernoteとか使ってたけど重いので、OSX標準のメモアプリつかってる。
StickiesもiCloudで同期できたらいいのにね

移行作業をちまちまやったりするのは面倒だし、だるい。他の誰かがやっといてくれるんなら、いいです。

自分でやらなきゃいけないんなら、昔書いたのがずっと動いてるのが楽でいいなあ

なにかと、ちょっと短くかけるための記法とかが色々ありすぎて、覚えきれない。

ちょっと短くかける
ちょっと速くなる
ちょっと楽できる

そういうのの積み重ねでよくわからなくなっている。

では、それを整理したらどうなるだろうか?

古い端末をつかいつづけることで、「一般的なユーザーはこの程度のスペックのマシンをつかっているんだ」ということを忘れないようにすることも大事なことなんだよ、って先生がいってました。

実際そういうのもあると思う。iPhone 4 とかで真面目に動作検証してないアプリケーションも多々ある今日この頃だけど、実際にはユーザーの中には iPhone 4 の人もまだまだいるわけです。

なんかすごいがんばった気分になるけど、実際はもっと簡単なやり方があった、みたいなのはよくあるので、気をつけていきたい。

このページのトップヘ

見出し画像
×